みずほ銀行で本人確認が必要な時とは?

みずほ銀行では大口の取引をする際に必ず本人確認が必要となります。
これは犯罪を未然に防ぐためのもので、仮になりすましで現金の移動があった際にも安心できますね。
ちなみに本人確認が行われるのは口座開設時、10万円を越える振込時、そして200万円を越える大口の現金取引時となっています。
また本人確認書類は氏名・住所・生年月日の掲載された原本が必要な事と、場合によっては印鑑も必要になるため、かなりの防犯対策がされています。
本人にとっては少し面倒に感じるかもしれませんが、これは安心してみずほ銀行を利用できるための取引確認です。
その点は理解した上で利用していきましょう。
このような対策が取られているからこそ多くの人がみずほ銀行カードローンなどを安心して利用できるわけですね。
お金の借り方もATMから簡単に行えますが、キャッシュカードと暗証番号がないと取引できないので、その点も安心して利用できますね。
三菱東京UFJ銀行カードローンは即日融資・当日振込みできる?