不倫調査でプロの探偵事務所を使うメリットとデメリット

不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。

いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的関係を持つことをいいます。

不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料の支払いを申し立てることができます。

相手が油断している間がチャンスです。

探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、慰謝料請求を送りつけることで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。

浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。

もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんと裏をとっておけば、後はとことん相手を追い込んでやることができますからね。

ときには浮気の相手方の職場やPTA、家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

家族関係の悪化や失職するなど、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。

初めて探偵社に相談するときは、勇気が要るものです。

個人情報を伝えることに抵抗を覚えるというのであれば、匿名での問い合わせや相談に応じている事業者も存在します。

とりあえずそこで相談し、信頼できそうなところだと感じたら、個人情報を明かすという方法もあります。

探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。

営業所の住所や連絡先などは、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。

話の整理がつかなくても質問に答えていけば、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積書が作成されます。

無料で見積ってくれるところもありますし、落ち着いて考えてみると良いでしょう。

あとから内容の変更も可能です。

いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。

実際、扱う仕事は同じだと考えていいでしょう。

不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、その道の専門家に頼んだほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだってきっと役に立つはずです。

うちは3年前に結婚し、同い年の妻はパートで病院の受付をしています。

つい最近、同僚の男との浮気が判明。

しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。

謝罪の言葉もなにもありませんでした。

これでは夫婦の意味がないですよね。

妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

このままにしておくつもりはありません。

こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。

やはり不倫の証拠写真というと、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるところなどは定番中の定番といえます。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用するにこしたことはありません。

探偵調査業を始めようと思うなら、特殊な免許資格は要求されません。

ただ、平成19年の探偵業法の施行により、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許認可を出してもらうことが開業の大前提となります。

野放しというわけではないのです。

もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。

しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。

そもそも不倫は、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸の内では割り切れないものがあるでしょうが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。

夫は7つ年上で社宅住まいです。

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、家族会議の結果、離婚が本決まりになりました。

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていかなければなりません。

メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士さんを頼み、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書というのを作ってもらいました。

興信所や探偵への料金の決済(支払い)方法は、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード払いやローンでの分割払いが可能という会社もあるようです。

早く浮気の証拠が欲しいけれども費用面が心配というときは、そうした会社を探して依頼するのも良いかもしれません。

これから配偶者の浮気について、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。

とはいえ、安すぎるところは気をつけた方がいいです。

安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っている例もあるわけですし、調査を頼む際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかも調べておくと良いでしょう。

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。

基本は浮気ですね。

不審な行動があるので、不倫をしているか調べてくれという場合や、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、幅広い調査に応じています。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、その道のプロを利用するのが最良の選択だと思います。

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。

不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、言い逃れはできないです。

慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、本当にケースバイケースで異なります。

支払いがつらければ、額を減らしてもらうよう交渉するのもありでしょう。

もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、まずそこの評判を調べるのが不可欠だと思います。

悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。

定評のある会社を選べば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないわけですし、何より、良い仕事をしてくれると思います。

引用:不倫調査なら!安いおすすめの探偵事務所で【無料相談OK】